世界初の遠隔脳外科手術がIoT医療の可能性を強調 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge

中国のパーキンソン病患者が、IoTのデモンストレーションで世界初の遠隔脳手術手術を受けました。 北京のPeople’s Liberation Army General Hospitalの主任医師であるLing Zhipei博士が実施したこの手術は、3時間強の時間で、深部脳刺激(DBS)インプラントを装着することに成功しました。この手術でLing博士は3,000キロメートル離れた場所から、手術を行うための器具を遠隔操作しました。 New China TVがYouTubeに投稿したビデオで、Ling博士は次のように述べています。 「将来的に5Gネットワークを利用して、より多くの病院で遠隔手術を実施できるようになることを願っています。今回のような方法により、より多くの患者が地元の病院でレベルの高い治療を受けることができるようになります。」 今回のような遠隔操作は、5Gネットワークによる功績です。前世代は信頼性が十分ではなく、待ち時間が長くアクションと応答の間に遅延があるため、このような手順は非常に危険でした。 「北京にいるパーキンソン病患者は手術を必要としていましたが、海南まで移動できませんでした。私は海南にいて北京の手術をすることができました。」Ling博士は続けます。 「5Gネットワークは、4Gネットワークで発生するビデオの遅れやリモートコントロールの遅延などの問題を解決し、ほぼリアルタイムの操作を保証します。それは、患者が3,000キロメートル離れていることをかろうじて感じるレベルです。」 今回の遠隔操作には、Huaweiの技術を使用してChina Mobileによって設定された5Gネットワークが使用されました。 The Lancet Neurologyに掲載された報告書によれば、1990年のパーキンソン病患者の世界的人口は250万人であったのに対し、2016年には610万人に増加しています。 残念ながらこの病気に対する治療法は現在ありませんが、インプラントは、状態を管理するのに必要な薬を減らすことができ、患者の人生を変えることができます。 (画像引用:https://www.iottechnews.com/news/2019/mar/18/first-remote-brain-surgery-iot-healthcare/) サイトへ移動


シェア