NEC、IoTシステムに最適なファクトリコンピュータ3機種発売 | IoTナビ

NECは、5年間の長期供給と、供給終了から最大10年間の長期保守を行うデスクトップ型ファクトリコンピュータの新製品3機種「S36W」「S37K」「D28U」を発売する。 新製品は、従来製品と同じ筐体サイズに最大4台のHDDまたはSSDの搭載、ホットスペアに対応した多様なRAID設定など、ストレージ機能を強化。また、フルサイズの拡張ボードを最大7枚搭載でき、社会インフラシステムや工場内工程監視システムで使用されるカメラや計測器など各種業務機器との接続が可能であり、大容量データの蓄積が必要な用途に広く活用が可能。 近年、交通、電力、防災などの大規模な社会インフラシステムの整備や、工場や生産現場の自動化、工程の見える化などIoTシステムの導入が進められており、これらのシステム構築には、大容量データを高速処理し24時間連続で安定稼働が可能な高性能な産業用コンピュータが必要とされている。 ファクトリコンピュータ「S36W」 新製品の特長 1.従来機の筐体サイズを変えずにストレージ機能および拡張性を強化 新製品は最大4台のディスクが搭載可能となり、ディスクの種類として従来の500GB HDDに加え、大容量の2TB HDDや100GB/500GB SSDが選択可能。また、多様なRAID構成(RAID0/RAID1/RAID5/RAID6/RAID10)やホットスペアにも対応。これらにより、重要なデータを安全に管理できるとともに、画像情報などの大容量データの蓄積が可能となる。 グラフィックボードなど補助電源を必要とする拡張ボードの搭載が可能となり、これにより、需要が拡大している高精細な画像データや大量の映像データの高速・高精度な処理を実現。 2.データ処理性能を向上 「S36W」はインテル(R) Xeon(R)プロセッサー E3-1275 v5(3.60GHz)、「S37K」はインテル(R) Core(TM) i3-6100プロセッサー(3.70GHz)、「D28U」はインテル(R) Celeron(R)プロセッサー G3900を搭載し、上位機種の「S36W」は処理性能を従来比で約1.2倍向上。 また、新たに10GBASE-TのLANボードを追加可能となり、大容量データの高速通信を実現。 3.安心の耐環境性、長期供給・長期保守 サイトへ移動


シェア