自動化とIoTで人員1/3で1人当たり生産性4倍に、アマダの金型工場

 産業用ロボットや自動化セル、自動倉庫などによる徹底した自動化と、IoT(Internet of Things)による設備監視などを駆使して、ラインの直接作業者を従来の1/3にまで減らし、生産能力1.5倍・1人当たり生産高4倍を実現した工場がある。タレットパンチプレス用のパンチング金型を生産するアマダ土岐事業所の「T876工場」だ。 サイトへ移動


シェア