牛の首輪もIoT化

東京工業大学の伊藤浩之准教授と信州大学の竹田謙一准教授、電通国際情報サービス(ISID)は、牛の健康状態を推定するIoT(モノのインターネット)システムの開発を始めた。4月から1年間、信州大の農場で サイトへ移動


シェア