IoTがカギを握る小江戸・佐原の観光・インバウンド活性化プロジェクト (1) コンテンツは豊富だけど、認知度の低さが課題

「小江戸」と呼ばれ、いまだに江戸時代の街並みが残る千葉県香取市佐原で、観光を活性化する取り組みが進んでいる。佐原は成田空港から車で30分程度の位置にあることから、宿泊施設では、ITの活用によりインバウンドの活性化を目指している。具体的に、どのような取り組みが進められているのだろうか。 サイトへ移動


シェア