欧州のエネルギー業界は電力データをどう生かしているのか?

ネクスト・クラフトヴェルケのオフィスには、コンピューター開発草創期に、プログラミング言語「COBOL」を開発した米国の女性科学者、グレース・ホッパーの残した言葉が掲げられている。常に前を向き、現状を疑うことができるか――問い続ける姿勢が印象的だ  2011年にドイツが国を挙げて提唱した「インダストリー4.0」。スマートファクトリーやIoTなどを打ち出したこの概念は、世界中の産業基盤を「デジタルプラットフォーム」に変えていった。  インダストリー4.0の動きは、欧州のエネルギー産業においても進んでいる。時を同じくしてエネルギー産業で起こった、再生可能エネルギーの急増と電力系統への接続拡大という「De-Carbonization (脱炭素化)」「Decentralization(分散化)」を、従来型システムに調和させる技術として、また新たなビジネスを創出するためのカギとして、「Digitalization(デジタル化)」が進められているのだ。   データの集積から新しいサービスは生まれるか――   ネクスト・クラフトヴェルケが顧客の設備を制御するネクストボックス  ドイツのスタートアップとして誕生したネクスト・クラフトヴェルケ。急成長を遂げ、およそ7000件・600万キロワットの需給調整リソースと契約を結ぶ、世界最大規模のVPP(仮想発電所)事業者となった。投資家たちを呼びこむ魅力の源泉は、顧客側の目線に立った柔軟性の高いソリューションと、多様で膨大な分散型資源の運用データ集積にありそうだ。  しかし、集めたデータをどう活用していくのかという点は、欧州のエネルギー事業においても、いまだ模索が続いているように映る。  例えば英国の電力・ガス会社であるセントリカ。顧客エンゲージメントでは欧州内でも進歩的とされるが、現在のデータ活用は、顧客側設備の保安や高齢者見守りなどのサービス、スマートホーム化への対応が中心。この分野で飛躍的な発想のサービスを生むことの難しさは世界共通のようだ。 サイトへ移動


シェア