FAセンサ市場 期待大の2分野、物流・ロボット | IoTナビ

FAセンサの市場は、需要を牽引してきた半導体製造装置、工作機械の受注が一服する中で、物流やロボット、さらには、自動運転などインフラ分野での需要拡大への期待が高まっている。 IoT化の新たな流れのなかでFAセンサは「つなぐ」ための中核製品としての役割がますます高まり、使いやすさをめざした開発も依然活発だ。 3品分野も安定推移 日本電気制御機器工業会(NECA)の2017年度(17年4月~18年3月)の検出用スイッチ出荷額は1215億円で、16年度比111.8%と2桁の伸長となった。18年度も上期は618億円で前年同期比101.1%の微増となっている。国内が359億円で104.9%であるのに対し、輸出は259億円で99.3%と国内市場が堅調で推移している。 下期以降、半導体製造、工作機械の受注に陰りが見られ始めたことから、FAセンサへの影響が懸念されている。ただ、産業界全体に人手不足、賃金の上昇などが顕著なことから、センサを活用した自動化・省力化への意欲は増しつつある。 FAセンサを取り巻く市場は、ロボットをはじめ、半導体製造関連、工作機械、自動車関連、インフラ関連で旺盛な需要となっている。 FAセンサの大きな市場である半導体・FPD製造装置は、日本半導体製造装置協会(SEAJ)の出荷統計では、17年度は2兆5352億円であったが、18年度は前年度11.1%増の2兆2696円が見込まれており、2兆円市場が継続する。 19年度は0.5%増の2兆2810億円と微増を見込んでいるが、スマホ市場や自動運転、IoTの動向に対する見方は強弱があり、今年後半以降への期待感が広がっている。 過去最高の受注額を更新してきた工作機械も、18年は前年比110.3%の1兆8158億円と過去最高になったが、18年後半は前年割れが続いており、最近は内需も前年割れになるなど、停滞している。19年の受注は1兆6000億円と一服するものと予想されている。 人手不足や働き方改革、人件費の上昇、製品の高精度化などからロボットの市場も拡大している。18年の受注額は前年比7%増の1兆100億円と初めて1兆円を突破し、19年も続伸して同4%増の1兆500億円が見込まれている。 サイトへ移動


シェア