電池動作のIoTエッジ機器に「最適な」フラッシュメモリー、米アデスト

 米アデスト(Adesto Technologies)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2019」(2月26日~28日)においてブースを構え、低消費電力のフラッシュメモリー「FusionHD」を発表した。一般的なフラッシュメモリーに比べて消費電力は70%低く、電池動作のIoTエッジ機器に最適だという。 サイトへ移動


シェア