消費電流が0.3μAと少ないIoT向け降圧型DC-DCコンバーターIC、リコー電子デバイスが発売

 リコー電子デバイスは、無負荷時の消費電流が0.3μA(標準値)と少ないIoT端末向け降圧型DC-DCコンバーターIC「RP516/RP517シリーズ」を発売した。負荷状態に応じてスイッチング周波数を変化させるVFM(Variable Frequency Modulation)制御方式を採用することで、無負荷時のほか軽負荷時の変換効率を高めて消費電流を削減した。最大スイッチング周波数は1MHzである。具体的な応用先は、スマートウォッチ、スマートバンド、ヘルスケア向けウエアラブル機器、低消費電力の無線通信機器、センサー端末、エナジーハーベスト対応機器などを挙げている。 サイトへ移動


シェア