「地域IoT プラットフォーム」の提供を開始 -中小市町村におけるIoT 活用の為のプラットフォームを提供-

エイムネクスト株式会社のプレスリリース(2019年4月25日 10時)。エイムネクスト株式会社(本社・東京都港区、清 威人 代表取締役社長)は、宮崎県・高鍋町(黒木敏之町長)と締結した連携協定をもとに進めてきた実証実験の成果をもとに、「地域IoT プラットフォーム」を各地域のシステム会社に対して提供を始めます。高鍋町で実証した独自のスキームを活用することで、IoT・センサーデータ活用について初期費用や月額使用料を従来のものに比べ10 分の1 から100 分の1 と各段に安く実現できること、個別の利用者、アプリケーション毎にデータ収集のためのネットワーク、無線等の準備をすることが不要となることで、カバーエリア内でのIoT 導入を手軽に始めることが可能となります。 サイトへ移動


シェア