IHI:航空エンジン検査不正 安全最優先に IoT活用し高度化 - 毎日新聞

 IHIは8日、今後3年間の経営方針を発表した。不正が相次ぎ発覚した民間航空機エンジンを含む事業領域について「安全と品質の確保を最優先課題と捉え、強靱(きょうじん)な品質保証体制を確立する」との考えを示した。IoT(モノのインターネット)の活用などでエンジンの整備事業の高度化を進めるとした。 サイトへ移動


シェア