ネバダ大学における自律走行車のデータギャップを埋めるFilamentのブロックチェーン | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge

ブロックチェーンとモノのインターネット(IoT)テクノロジの統合による可能性は高まり続けています ネバダ大学のRenoは、Filamentのブロックチェーンと自律走行車を組み合わせることで、その一歩を踏み出しました。 ブロックチェーンのスタートアップFilamentは、自動運転車と道路インフラストラクチャの間のデータの完全性を検証するためのブロックチェーンIoT技術に基づく最新のスタンダードを開発するため、ネバダ大学およびRenoのIntelligent Mobility initiativeと協力しています。 スマートシティモビリティプロジェクトは、大学のネバダ州応用研究センターを通じて行われており、LIDARと交差点に設置された専用の近距離通信デバイスを使用して、自走車と周辺インフラ間の通信と安全性を強化するように設計されています。 ネバダ応用研究センター所長のCarlos Cardillo氏は、「Intelligent Mobilityの一部としてFilamentを使用することで、自律走行車を含む多くのLIDARデバイスから生成された安全なデータを作成および検証できます。」と述べています。 2019年5月初めのMarketsAndMarketsのレポートによると、ブロックチェーンIoT市場は、大幅に成長する見込みで、2024年までに1.54億ポンドを超えると予測されています。 (画像引用:https://www.iottechnews.com/news/2019/apr/29/filaments-blockchain-fills-gaps-nevada-universitys-autonomous-vehicles/) サイトへ移動


シェア