空席情報配信サービスのバカンが7.9億円の調達、駅ナカの飲食店やトイレの混雑解消に向けJR東日本スタートアップと協業 | TechCrunch Japan

AIとIoTを活用した空席情報配信サービスのバカンは6月11日、NTT東日本、清水建設、ティーガイア、JR 東日本スタートアップ、スクラムベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により、7.9億円を調達したと発表。 サイトへ移動


シェア