「産業用IoTでトップ3になれる」、東芝が日立に挑戦状

 東芝は、産業用IoT(IIoT:Industrial Internet of Things)で世界トップ3入りを狙う。2019年11月28日に開催した技術戦略説明会で、IIoT事業の戦略策定を手掛ける山本宏氏(コーポレートデジタイゼーション最高技術責任者(CTO) 兼 デジタルイノベーションテクノロジーセンター長)が道筋を示した。標準技術の活用による期間短縮やコスト削減で、先行する日立製作所やドイツのシーメンス(Siemens)などを追い上げる。 サイトへ移動


シェア