工場の「チョコ停」を削減するIoT監視システム - 週刊BCN+

西菱電機(大阪府大阪市、西井希伊社長)は、IoTを活用した生産設備の稼働記録システムの提供を11月6日から開始した。IoTセンサーとカメラを生産設備に設置し、生産設備の稼働状況に関するセンサーデータをクラウドに送り、分析することでチョコ停(生産設備の短時間の停止状態)を低減する。 サイトへ移動


シェア