資生堂、36年ぶりに国内で新たな生産拠点 IoTシステムで生産効率アップ - 毎日新聞

 資生堂は27日、新たな生産拠点「那須工場」(栃木県大田原市)を報道陣に公開した。12月24日から本格稼働し、主に中高価格帯のスキンケア製品を製造する。  敷地面積は約11万平方メートルで、地上3階建て。製造中の製品のデータをリアルタイムで収集し品質管理するシステムを取り入れ、生産効率を向上させた。 サイトへ移動


シェア