ソフトバンクが、“IoT乾電池”による高齢者の「みまもりサービス」をスタート

ソフトバンクは、IoT電池を活用した「みまもりサービス」を12月19日からスタートすると発表した。必要なのは専用の乾電池とスマホだけ。カメラのような機器を使用するサービスとは異なり、監視されている印象を受けにくい「さりげない」見守りサービスだという。 サイトへ移動


シェア