第33回 スペイン・サンタンデール――1万5500のセンサーを張り巡らせ、住民サービスを向上

スペインの北部、大西洋に面したサンタンデール市(図1)で、欧州を代表するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)ベースのスマートシティプロジェクト「Smart Santander」の構築が進んでいる。エネルギー分野の効率化に加えて、モビリティ分野など市民活動のさまざまな分野をIoTと融合させて、包括的なスマートシティとすることで、住民サービスを向上する。参加企業は、開発したIoTソリューションを他都市に横展開することでビジネス拡大を狙う。 サイトへ移動


シェア