AIや5Gで進化 現実世界のコピー「デジタルツイン」【技術解説】

センサーやカメラを使ってリアルの世界を取り込み、デジタルの中でコピー(=双子)を生み出す。本格的なAI・5G時代の到来を前に「デジタルツイン」という概念が広がりつつある。分析や未来予測など、今後のIoTサービスを理解する上で必須のキーワードとなりそうだ。 サイトへ移動


シェア