クラウド、IoT、サプライチェーン攻撃対応が今後のセキュリティ市場を拡大―富士キメラ総研 | IT Leaders

富士キメラ総研は2019年12月27日、法人向けネットワークセキュリティ製品サービスの国内市場を調査した結果を公開した。2023年度の市場は6617億円で、2018年度比31.9%増となる。結果報告では、市場編としてセキュリティ製品26品目、セキュリティサービス18品目の市場を分析するとともに、企業編としてセキュリティサービス事業者29社、セキュリティツールベンダー21社を分析した。 サイトへ移動


シェア