医療情報学会が考えるIoT活用の現状と将来とは――

「第39回 医療情報学連合大会」(2019年11月21~24日、幕張メッセ)は、「IoT時代の医療情報の利活用」をメインテーマとして実施された。同学会では、IoT活用の現状と将来をどう考えているのか――。関連シンポジウムの座長を務めた富山大学附属病院医療情報部の中川肇氏、電子情報技術産業協会(JEITA)ヘルスケアIT研究会の定仲信行氏、同ヘルスケアIT研究会の藤沢悟氏、保険医療福祉情報システム工業会(JAHIS) 医療介護WGの光城元博氏の発表を紹介していく。 サイトへ移動


シェア