IOT技術が一役買う 優秀な農家から栽培方法学ぶセミナー

良質な果物や野菜を栽培した農家から栽培方法や品質管理を学ぶセミナーが12月12日山梨県笛吹市で開かれました。シャインマスカットの栽培にはIOTの技術が一役かったようです。このセミナーはJA全農やまなしが安定的な農業経営を学んでもらおうと開いたいたもので農家やJAの職員らおよそ150人が参加しました。セミナーでは今年の果物や野菜の質が良く畑の管理が優れている15の農家が表彰されこのうちシャインマスカット栽培で最優秀賞となった笛吹市の農家、山下孝次さんがIOT技術を使った栽培方法を紹介しました。山下さんはハウス内の温度や湿度をスマートフォンでいつでも確認できたことが玉張りが良く糖度が高いブドウにつながったと話し、人とモノをインターネットでつなぐIOT技術が農業でも役立つことを伝えていました。 サイトへ移動


シェア