AIと最先端アグリテックで家畜飼料の自家配合と循環型モデルを構築、コーンテックが2020年から本格化めざす | tokyo chips | 鉄道チャンネル

熊本に本社を構え、養豚プラントの設計施工・コンサルティングを手がけるコーンテックは、畜産現場に AI や IoT を導入し、畜産農家ごとに異なる自家配合プラントの構築と、飼料マネジ サイトへ移動


シェア