IoT時代をゆく、スケールアウト型分散DBを機能強化

各種産業や医療・ヘルスケア、社会インフラなどを支える革新的なしくみとして活用シーンが拡大している。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」システムでは今、デバイスの数とともに、長期稼働を経て蓄積するデータサイズも増えていて、ペタ(1000兆)バイト級データの管理が求められつつある。 サイトへ移動


シェア