東芝会長「負の遺産処理は終了」 今後はデータ活用事業を強化 | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)が19日、共同通信のインタビューに応じ「負の遺産処理は終了した」と述べ、構造改革にめどがついたと強調した。今後はあらゆる機器を通信でつなぐ「モノのインターネット(IoT)」などを成長分野と位置付け、データ活用事業を強化していく考えを示した。 サイトへ移動


シェア