JR貨物、「Box」導入で鉄道輸送のIoTデータなどを社内外で共有 輸送品質向上と経営基盤強化へ

日本貨物鉄道(JR貨物)は、セキュアなコンテンツ管理、ワークフローの効率化、コラボレーションを実現するコンテンツ管理プラットフォーム「Box」を導入する。鉄道輸送のIoTデータや設備の検査データなどを社内外で共有、活用することで、輸送品質の向上や経営基盤の強化を目指す。 サイトへ移動


シェア