顔認証は「おもてなし」に進化をもたらすのか? - 老舗旅館が挑むIoT活用

日本最古の湯ともいわれる道後温泉(愛媛県)。その中でも慶応四年創業という老舗旅館が12月5日、顔認証を用いたチェックイン/チェックアウトや客室の開錠を可能とする「おもてなしマスター・スマートドア」の実証実験を開始した。将来的には、旅館内すべての会計や、温泉街全域での会計などにもつながる夢のような試みの第一歩となる可能性がでてきた。 サイトへ移動


シェア