IIoTアベンジャーズ、IT・OTのスペシャリスト達が力を結集 | IoTナビ

-ものづくり企業のIoT導入とDXに向けて- 第一歩を踏み出したスマートファクトリー 製造業のデジタル化が進むなか、ものづくり企業もDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組み、工場においては「スマートファクトリー」を目指すべきと言われる。 工場内にあるあらゆる機器をネットワークでつなぎ、装置や工程から上がってくるデータを収集し、集まってきたデータを解析して改善点を見つけ出し、それを再び装置や工程にフィードバックして最適な制御を実行する。そうすることで生産におけるQCDを最適化し、利益最大化につなげようという動きだ。 近年、業界トレンドとなっているIoTや見える化、自動化、ロボット導入などはスマートファクトリーの構成要素のひとつ。これを導入することが工場最適化への第一歩とされ、日本をはじめ、世界中の工場がその第一歩を踏み出している。 日本でスマートファクトリー・IoTが進まない理由 とは言え、スマートファクトリーには多くのハードルが存在し、なかなか思い通りには進んでいないのが実情だ。 例えば、よく言われるのが費用対効果。スマートファクトリーの入口であるIoTやロボットを導入するコストと、それに対する効果が分からないという意見は多い。またITに詳しい人材が社内に不足しているという企業も多い。競合企業や周辺の企業がやっていないから見送っているという声もよく聞く。 すでに導入検討に入っている場合でも「セキュリティはどうする?」「色々な機器や企業があって選べない」「複数ベンダーにまたがって大変だ」として頭を悩ませている担当者も多い。これまで馴染みのなかった技術に対する不安は大きく、心理的なハードルもあるようだ。 最大の問題は「信頼しておまかせできる企業」の不在 そのなかで最もよく聞くのが「結局、誰に頼めばいいの?」という声。IoTはある作業や工程を部分的に最適化するもので、スマートファクトリーはそれらを統合して全体最適をした姿。真にスマートファクトリーやIoTによる効率化を実現しようとしたら自社だけでは難しく、外部の第3者の助けが必要になる。しかし製造現場と情報システムの知見を持ち、信頼してまかせられる企業はなかなか見つからないのが実態だ。 サイトへ移動


シェア