IoT導入企業の75%はブロックチェーン技術を導入あるいは導入予定:ガートナー調査 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

ブロックチェーンの大規模な使用事例はまだほとんど存在しない。だが、IoT(Internet of Things)業界はブロックチェーン技術の採用を「スイートスポット」と捉えているようだ。 調査会社ガートナーのIT業界アナリスト、アビバ・リタン(Avivah Litan) 氏は「IoT技術を導入している企業の75%はすでにブロックチェーンを導入、あるいは2020年末までの導入を計画している」とアメリカの500社以上を対象にした調査をもとに述べた。 ブロックチェーン技術は、仮想ネットワーク間、あるいはデバイス間のデータ通信における信頼性の高い環境を作ることができ、また効率性を高めることができると調査は記した。 リタン氏によると、75%のブロックチェーン導入企業のうち、86%はIoTとブロックチェーンの双方をさまざまなプロジェクトに導入している。 IoT導入の狙いは、人と人、あるいは人とコンピューターのやり取りを避けるために、さまざまな機器をコンピューターと統合することだ。 例えば「Apple Watch」やアマゾンのAI「アレクサ(Alexa)」はそうした技術をコンシューマー向け製品に利用している。また医療、工業、そして軍事の分野でも利用されている。 複数の参加者が関わるトランザクションにおける安全性と信頼性の向上が、ブロックチェーンとIoT技術を組み合わせて利用している企業にとっての最大のメリットと調査に回答した企業の63%は述べた。 一方、56%がビジネスの効率性とコスト効果の向上が最大のメリットと答えた。 だが、リタン氏は、プロトコルの変更に関わるブロックチェーンの導入は、変動要因が比較的高いため、長期間の稼働を想定したIoTデバイスにとっては難しい場合もあると注意を促した。 「一部のブロックチェーン導入事例では、接続された多数の機器が生成するトランザクション・データへの対応に苦戦している」とリタン氏は述べ、ブロックチェーンとIoTに求められる進化が成熟するには5〜10年が必要と見ている。 翻訳:CoinDesk Japan編集部編集:増田隆幸写真:Square原文:75% of IoT Firms Want to Add Blockchain: Survey サイトへ移動


シェア