IoTのハッキングで自動運転車事故の可能性も――、IoTセキュリティの強化を呼びかけるnCipher

 IoTの普及速度は著しく、スマートフォンやスマート家電といった消費者向けのデバイスから、製造工場などで使われる製品管理用のセンサーまで、IoTコネクテッドデバイスの活用範囲は広がる一方だ。IoTデバイスの数は2025年までに416億個に達し、そこから生成されるデータの量は79.4ゼタバイトにのぼるというIDCの予測もある。こうした中、英nCipher SecurityではIoTデバイスの脆弱性に懸念を示している。 サイトへ移動


シェア