IoT事業で世界の「Hitachi」になれるか、司令塔の米社が仕掛ける2つの作戦

 日立製作所がIoT基盤「Lumada」の海外展開を急いでいる。その司令塔が、米子会社2社の統合で発足する新生「日立ヴァンタラ」だ。新会社はM&A(合併・買収)を駆使してスマートシティー事業などの拡大に注力し、世界の「Hitachi」に脱皮するための重要な鍵を握る。 サイトへ移動


シェア