Apple、Amazon、Google、Zigbee Allianceが新しいスマートホーム標準を模索 | スマートホーム(スマートハウス)情報サイト | iedge

Apple、Amazon、Google、およびZigbee Allianceは、「データ通信のIPを使った常時コンピューターネットワークで接続した住宅(Connected Home over IP)プロジェクト」について新しいワーキンググループを形成し、スマートホーム製品間の互換性を高めるための新しいロイヤリティフリーの接続規格の開発と推進を検討しています。 このプロトコルは、セキュリティを基本原理として設計されています。 スマートホームデバイスは安全で信頼性が高く、シームレスに使用できるという共通の信念に基づいて構築されたConnected Home over IPプロジェクトの目的は、メーカーが消費者との互換性を容易に開発および向上できるようにすることです。このプロジェクトにより、スマートホームデバイス、モバイルアプリ、クラウドサービス間での通信が可能になり、デバイス認証用の特定のIPベースのネットワークテクノロジーセットを定義できます。 目標は、既存のテクノロジーを補完するプロトコルの開発を促進するために、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceなどの市場でテストされたスマートホームテクノロジーからの貢献することです。 Zigbee Allianceの取締役会メンバーであるIKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify、Silicon Labs、Somfy、Wulianもこのプロジェクトに貢献します。 2019年5月、Zigbee Alliance は、 IoTデバイスと主要な消費者および商用プラットフォーム間の相互運用性を改善するためのAll Hubs Initiativeを公開しました。アライアンスには、Amazon、Comcast、Ikea、Legrand、OSRAM、Schneider Electric、Exegin、Kwikset、Landis + Gyr、LEDVANCE、LEEDARSON、Microchip、MMB Networks、NXP、Silicon サイトへ移動


シェア