無人の店舗狙ったコインランドリー窃盗相次ぐ 利用状況が確認できるIoTシステム逆手に

首都圏のコインランドリーチェーン店では2019年8月から、精算機が壊され現金が奪われる窃盗事件が相次いだ。犯行グループは公式Webサイトで公開されている店内の利用状況をリアルタイムに確認し、無人の店舗を狙って犯行に及んでいた可能性がある。 サイトへ移動


シェア